トープページ


fuku-info

今や、手軽に美容整形ができる時代となりました。
メソセラピーやカーボメッドなどの痩身術もそのひとつです。
余分な脂肪を取って、ボディラインを整えたい、と思っていても、脂肪吸引の手術を受けるまで思い切ったことは出来ない、という人に、脂肪溶解剤を皮膚下に注射して脂肪を溶かすというメソセラピーは人気の方法となっています。
しかし忘れてはならないのが、メソセラピーはいくら安全な痩身法だとは言え、医療行為に違いはない、ということです。 信頼できるクリニックや美容外科で、きちんと説明を受けて、納得してから施術を決めてくださいね。

スポンサーリンク

メソセラピー(脂肪溶解注射)って何?

fuku-kizi2

ダイエット、それは美しさを求める女性の永遠のテーマともいえるでしょう。 今や女性だけでなく、素敵なスタイルを求める男性やメタボリックを解消したい人にも、ダイエットは関心のあるテーマになってきています。 fuku-kizi2.jpg ダイエットといえば食事療法や運動療法が挙げられるわけですが、確かにこれらは安全で確実でリバウンドの少ない方法と言えます。 しかし、時間がかかってしまうし、部分的に痩せたい、という希望を叶えるにはなかなか難しい方法です。 部分痩せの方法には、その部分の筋肉を集中的に引き締めるエクササイズや、外科的には脂肪吸引という方法がありますが、最近メソセラピーという方法が話題になっています。 メソセラピーとはどんな方法なのでしょう。 美容整形の分野においては、メソセラピーは脂肪融解注射あるいは脂肪溶解注射などと呼ばれ、特殊な薬液を皮膚の下に注射してその部分の脂肪を溶かして体外へ排出するという痩身法のことを言います。 部分痩せを希望する人で、脂肪吸引までは踏み込めなかったりする人が、比較的気軽に受けている方法のようです。 人気のわけは、脂肪吸引に比べてからだへの負担が少なく、施術自体も15分ほどと時間がかからないことなどがあるようです。 ただメソセラピーは1回の注射で即効的に痩せられるという魔法の注射ではありません。 メソセラピーや部分痩せに興味のある人は、さまざまな体験談のサイトや美容整形外科のホームページを参考にしたり、効果やリスクについても問い合わせ、慎重に検討してください。

メソセラピー(脂肪溶解注射)のメリット

どんな美容法でもそうですが、話題になる方法というのはそのメリットがたくさん宣伝されているものがほとんどです。
たしかに、「○○に効くんだって」「安いみたいだよ」という良い点というのは集客には欠かせない要素です。

今、部分痩せに効果的と話題になっているメソセラピーにはどんなメリットがあるのでしょうか。

メソセラピーでは脂肪吸引と比べてメリットがうたわれていることが多いのですが、まずそのひとつとして、手軽に部分痩せに挑戦できることが挙げられます。

メソセラピーは注射器で脂肪溶解剤を皮膚下に注入する方法なので、脂肪吸引の手術に比べて痛みによるからだへの負担も少なく、施術時間も短く、料金も安くなっています。

また、自分で行なうダイエットのように、全身が痩せていくということがないので、痩せたい部分だけを細くして、残しておきたいバストは維持することができます。

そのため、全体的な形、プロポーションを整えることができます。
また、運動やマッサージでは取ることができなかったセルライトに対しても、メソセラピーは有効です。

施術は注射だけなので、事前に検査通院の必要はなく、クリニックを訪問したその日に受けることも可能です。

効果も少しずつ時間をかけてあらわれるので、施術したことを周囲に知らせたくない人にもその点はメリットとして挙げられるでしょう。

効果から見ると、やはり脂肪吸引の方が確実と言えますが、その他のメリットを考えて「試しにやってみる」という気持ちで受けられることから、メソセラピーを選ぶ人が増えてきているのではないでしょうか。

メソセラピー部位による効果(顔、お腹etc)

メソセラピーが注目を集めているのは、部分痩せが可能で、それでいて脂肪吸引のような大掛かりな手術を必要としないためでしょうか。
メスで皮膚を切る必要もなく、注射器を使って薬剤を皮膚下に注入することで脂肪を溶かしていくという、手軽にできるイメージがありますね。

さて、脂肪吸引に比べて手軽に試せそうなメソセラピーですが、その効果はどのようなものなのでしょう。
何にでも言われることですが、効果には個人差があります。
それは、個人の体質や脂肪の付き方、量、状態が人によって異なるためです。

一人の人として見ていくと、顔などの脂肪の少ない部分では、比較的早く効果が実感できるようですが、お腹やお尻などは数回の施術後にようやく実感できてくるようです。
また太ももやふくらはぎも脂肪が多いため、効果を実感するには数回から十数回の施術を受けることが望ましいです。

一般的に3回目の施術後あたりから、「少し細くなったかな」と実感できる人が多いようですが、クリニックが設定している「1クール○回」という回数を受けることで確実な効果があらわれるでしょう。
カウンセリングの段階で、自分の細くしたい箇所と、必要な施術回数などもしっかり確認して、疑問を残したまま施術を始めてしまわないようにしてください。

メソセラピーによって一度溶かされた脂肪は老廃物として体外に排出され、再生しにくくなります。
そのため、施術後には脂肪がつきにくく、太りにくいからだになるという嬉しい効果もあるようです。

とは言っても、油断して食生活が乱れてしまっては意味がありません。
常にきれいでいたい、と心に言い聞かせて生活することを心がけてください。

メソセラピー(脂肪溶解注射)体験と注意

メソセラピーに興味はあるし、できるなら受けてみたい、でもクリニックのホームページだけでは、なんだかわからない部分も多くて不安で・・・

いまひとつメソセラピーに踏み込めないのは、本当に効果はあるのかな、施術後の症状など実際はどうなのかな、痛くないのかな、と実際に受けた人からの情報がなかなか得られないからかもしれません。

身近にメソセラピーを受けたことのある人がたくさんいればいいのですが、実際そういう状況の人は少ないですよね。

fuku-kizi3

ここで、メソセラピーを受けた人の体験談をいくつか紹介します。

「メソセラピー注射は針のチクッとする痛みもほとんどなく、注入後その部分に少し赤み・かゆみ・熱感の症状があったが、数時間後にはその症状は消えた」

「持っているパンツが全部スッキリ履けるようになった」

「二の腕が両方とも平均2.3センチも細くなった」

「内ももに注射したのですが、打った後、すごく腫れてきたのでがに股歩きしかできなかった」

「効果がないと思って一時期やめていたけど、ある日ふと見ると、注射した場所が明らかに細くなっていた」「何回か通って注射しなければならないので、結局時間とお金がかかる」
クリニックのホームページなどではなかなか聞くことのできない、裏表のない意見だと思います。
少しは参考になったでしょうか。

施術を決める際には、その効果もですが、リスクについても詳しく説明をしてもらい、納得した上で信頼できるところで受けるようにしてくださいね。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の施術方法

部分痩せやセルライト除去に効果があると評判のメソセラピーですが、実際の施術はどのようにして行なわれているのでしょうか。
メソセラピーに興味があってもクリニックのドアを開けるまでの一歩が出ない人、その不安はまだメソセラピーについてよくわからない部分があるからかもしれません。

ここで、メソセラピー施術の一般的な方法について、お話したいと思います。
まずクリニックでカウンセリングを受けます。
ここで治療法や効果などの説明を受け、注射位置を決めます。
メソセラピーでは大豆抽出成分を含む薬剤を注射するため、アレルギーの検査などを行なうクリニックもあります。
注射位置の決定後、マーキングをしていよいよ注射をします。
(その、前にサイズ測定を行なう場合もあります)
もともと細い針を使った注射なので、痛みは予防接種などを想像してもらうとわかりやすいと思いますが、場合によっては麻酔テープなどを使って表面麻酔を行なうこともあります。
注射は数箇所に分けて行いますが、一度に施せる面積に限りがありますので、治療にかかる時間は10分ほどです。
脂肪の量や、施術部位にもよりますが、2週間おきに数回~十数回の施術を受けると効果があらわれてきます。

治療後は、数日の間、腫れや内出血が見られることもありますが、次第に軽快していきます。
運動などは控え、施術当日は入浴ではなくシャワー程度にして安静にしてください。
腫れが治まると同時に脂肪が吸収されていき、少しずつ効果が感じられるようになるでしょう。

メソセラピーの副作用

美しさを追求する人や、それにこたえようとする人たちの努力で、次々と新しい美容法が誕生しています。
痩身法に関してもそうです。

最近話題のメソセラピーも、部分痩せに効果がありながら、脂肪吸引よりはからだへの負担がはるかに少ないと人気を呼んでいます。

しかし、人間の自然でいるかたちに何かしら手を加えるわけですから、どんな方法でも少なからずリスクは伴います。
安全と言われるメソセラピーについても、その副作用について知っておく必要はあるでしょう。

まずよく言われるように、メソセラピーは同じ部分痩せ方法としての脂肪吸引に比べると、副作用もリスクも大変少なくなっています。
しかし注射で体内に薬を注入するわけですから、まったくリスクがないと言い切れるわけではありません。

施術中の痛み(針を刺す程度の)も多少あります。
メソセラピーを施術した後は、注射部位によっては腫れや発赤、内出血が見られることがあります。

また筋肉痛のような痛みを感じたり、中には歩いたりちょっとしたからだの動きに対してドスドスと響く痛みを訴える人もいるようです。
しかし、これらの腫れや内出血、痛みなどは1週間ほどで多くは消えていきます。

体験談を読んでいると、顔に施術した後に痛みと腫れがあらわれ、仕事にも行けなかったという話もありました。
後になってどんな症状が出てくるのか、その可能性についてもよく医師と相談して、納得の上で施術を受けるようにしてください。

飲むメソセラピー(脂肪溶解注射)?

きれいに細くなるためには、食事療法や運動療法、美容整形など、いろいろな方法があります。
サウナスーツや運動器具などのシェイプアップグッズやダイエットサプリメントなども多数発売されていますね。

できれば短期間に、手軽に、楽して痩せられたらそんなに嬉しいことはありません。
残念ながら、そんな魔法のような痩身法は今のところないようです。

食事療法や運動療法では我慢も必要だし時間もかかる、でも脂肪吸引などの美容整形はしきいが高いしちょっと怖くて踏み込めない、そんな人たちが気軽に試している方法にメソセラピーというものがあります。

メソセラピーは脂肪を落としたい部分に薬剤を直接注射して、その部分の脂肪を溶かしてしまう方法で、脂肪吸引に比べてからだへの負担が少ないことから人気が出ているようです。

しかしさらに手軽に試せる方法として、飲むメソセラピーというものも発売されているようです。

これは、メソセラピーで皮膚下に注入する薬のメインであるホスファジシルコリン(脂肪溶解作用)という成分やその他、脂肪を燃やす作用があると言われるL-カルチニンという成分などを配合したサプリメントです。

内容成分としては、脂肪燃焼に有効と思われますが、実際にどのように効いてくるのかは、まだ体験談や口コミが少ないためハッキリとはわかりません。

飲むタイプのサプリメントダイエットでは、メソセラピーのように、希望の箇所を部分的に細くするということは難しいでしょう。

また、効果を感じるまでに時間を要することと思います。

メソセラピーに比べ、価格的にはだいぶ安く抑えられますので、いろいろなサプリメントで迷っている人はひとつの選択肢として飲むメソセラピーを入れてもよいかもしれません。

しかしあくまでも、サプリメントはダイエットの補助として、それを飲むだけで痩せられるというものはない、ということを忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加